2019年03月13日

菅間さんからの便り、土を耕す、春の演奏会のこと

先日、菅間さんからメール便が届きました。
中身は新しい作品と葉書が一葉。
作品のタイトルは『土と、白の色彩』。
葉書にはこんな言葉が。
“直接お届けできず、申し訳ありません。それでも、今すぐに、と”

『土と、白の色彩』は、前作『waterside』と同じく権頭真由さんと二人で作った作品です。
例によって曲は全て菅間さん自身が書いていますが、その音楽は見事に二人の共作となっています。
例えば、菅間さん初の自作再演曲『ミシンのリズム』を聴いてみると、その共作具合がよく分かる。

この曲はもともと菅間さんのもう一つのユニット“sui sai”(ペルシャの打楽器奏者 サイ・レオとのデュオ)名義で発表されており、トンバクによる“太古の響き”のような音と、菅間さんの奏でる“遠い記憶”のような旋律が印象的な1曲でした。
それが今回の菅間&権頭のヴァージョンは、全くの別物。
それは権頭さんのピアノに負うところが大きく、彼女の演奏は斬新かつ躍動的、縦横無尽にメロディーの回りを飛び回り、まるでミニマルミュージックのような趣さえある。
そこにはもはや遠い記憶も太古の響きも無く、むしろ新たな生命の息吹きが感じられる。
すごく活き活きとした、春の芽吹きのようなものが。

二人はそれがうまく芽吹くように土を“耕す”。
その背景では、“白の色彩”が色鮮やかに輝いている。
そんな気がする。

店主

22899809-4C0F-41D3-A201-B03040A57C69.jpeg

お知らせです。
その二人による春の演奏会があります。
タイトルは作品と同じく、『土と、白の色彩』。
出演 菅間一徳 ギター、権頭真由 アコーディオン
日時 4月14日 日曜日 夜7時から(6時開場)
料金 1500円とご注文
要予約 080ー6502ー0406か、thomnecogo@gmail.comまで。
宜しければ、どうぞ。

♪絵は例によって大平高之
posted by トムネコゴ at 18:22| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

3月の営業時間と、暁を覚えた猫

お知らせ

3月の営業時間に若干の変更です。
日曜と月曜は夜7時までとなります。

後は変わらず、
平日の水木金は12時ー21時、土曜日と祝日は9時ー21時、
で開いています。

宜しくお願いします。

店主
4CEB2B8F-CF74-4BA1-B904-75C51DA98195.jpeg
“春眠暁を覚えた…”
posted by トムネコゴ at 19:52| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

「もうすぐ春?」

今のトムネコゴはちょっとスゴイです。
これは自慢ではなく、何がスゴイのかと言うと、近所の騒音です。
すぐ近くで大きな建物の解体作業があり、コンクリートを砕く音や打つ音、何かが倒れる音、などなどが、時に店内の空気を震わせ、時に食器を“カタカタ”いわせます。
それはもちろん迷惑な事ではありますが、そんな時でも(どんな時でも)、エラは明るくスウィングし、ルイは軽やかにラッパを吹きます。
ケンプはしみじみとピアノを弾き、グールドは駆け抜ける様にゴルドベルグを演奏します。
そして馴染みのお客が、いつもの様に、思い思いに時を過ごしています。
まるで騒音なんか無きが如く。

“僕は騒音や雑音を消すことは出来ないけれど、少なくとも、トムネコゴはそれを忘れさせる場であってほしい”
今はそんな風なことを思いながら、それでもいつもと変わらず、普段通りに、珈琲を淹れたり、レコードを換えたりしています。
宜しければ、普段通りに、どうぞ。
店主


お知らせ
本日27日の営業は18時までとなります。
そして明日28日は20時頃までやっています。

2月は平日の早仕舞いが続き、大変な迷惑をおかけしました。
申し訳ありません。

3月からは通常通り、平日12時ー21時、土日祝9時ー21時、で開けます。
ただし平日の月曜のみ18時までとなります。(ごめんなさい)

さて、
もうすぐ春ですね。
そんな気がしませんか?

386E2D7F-BCD2-4AB5-8097-08445E1CFAD8.jpeg
“春眠暁を覚えず”…か。
posted by トムネコゴ at 16:53| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

「ご賞味あれ」

20代の頃、僕はこんな事を(真面目に)考えていました。
“今の自分はナニモノでもなく、これから先どうなるかも分からないけれど、もし、20代を、真面目にしっかりと、自分の為になると思う事を出来るだけやって生きることが出来たなら、30歳になる頃には自分はナニモノかになることが出来るかも知れない”
僕はこの考えを『30歳成人説』と呼び、その頃の心の逃げ場にしていました。
“20代はまだ子供なんだ。30歳でようやく大人になれる。だからそれまで焦らずしっかりやろう”、と。
そんな思いで過ごした20代最後の年に、僕はトムネコゴを開くことになります。
それは全くの偶然の出来事でしたが、今振り返ってみると、“『30歳成人説』もあながち間違ってなかったかも”、という気がします。

そして30代、僕はまた同じ様な事を思いました。
“もし30代をしっかり生きる事が出来れば、40歳になる頃には(自分にとって大きな)何かが起こるかも知れない”
それを『40歳成人説』とはさすがに呼ばなかったけれど、その心情はだいたい一緒でした。
“毎日をちゃんと生きていれば、おそらく40になる頃には…”
リトルマガジン『1/f 』(エフイチ)発行人である長尾契子さんに「何か書いてみませんか?」と声を掛けられたのは、去年の秋口、ちょうど30代最後の年でした。
生まれて初めての事でもっと面食らってよさそうなものなのに、僕は割に冷静に対応し、その場で了承までしました。
それは、“ようやく来たか”、と言う思いが、心の何処かにあったからかも知れません。

その僕の初めてのエッセイが載ったエフイチ最新号がもうすぐ発売になります。
今回のテーマは『旅』。
15日以降にはトムネコゴにも置く予定なので、気になる方はどうぞ手に取って見て下さい。

最後に。
ここだけの話ですが、実は僕は一度も旅をしたことがありません。
旅行すらほとんどない。(井の中の蛙?)
そんな人間の書いた旅にまつわるエッセイ。
ご賞味あれ。
店主

https://ehubunnoichi.com/(エフイチのホームページです)
8CDA7B90-F0F6-44A8-8F9D-1AF3A78CBA08.jpeg
ケルアックの『路上』は僕にとっての“旅本”(旅を想起させる本)の一つ。今回のエッセイにもチラッと登場します。
posted by トムネコゴ at 08:41| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

「ニャル」

雪ですね。
アメニモマケズユキニモマケズ…三連休は朝9時から夜9時迄開いています。
宜しければ、どうぞ。
店主
1EC86BD2-1D91-42EB-A065-DDAA010C2073.jpeg
写真は猫柳です。雰囲気ありますね。その花言葉は『自由』だそうで、まさにネコにぴったりの言葉です。(ニャル)
posted by トムネコゴ at 11:02| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

「ここは あなたのお店です」

“これは あなたの手帖です いろいろのことが ここには書きつけてある
この中の どれか 一つ二つは すぐ今日 あなたの暮らしに役立ち
せめて どれか もう一つ二つは すぐに役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで いつか あなたの暮ら方を変えてしまう
そんなふうな これは あなたの手帖です”
花森安治

これは、雑誌『暮らしの手帖』の第1ページ目に書きつけてある言葉達です。
そして、下の写真は、猫が『暮らしの手帖』を読む邪魔をしているところです。
FF6F3F88-9BE7-4748-B997-BF04AEBB68DE.jpeg
僕はこの雑誌が割に好きで結構読んでいますが、“猫が邪魔した時に役に立つ情報”は、少なくとも僕が知る限りは、載ってないようです。

ある専門家によると(世の中には実に様々な専門家がいますね)、現代人の活字離れはここに端を発しているとのこと。

ほんとかしらん。

(半分フィクションです)


さて、お知らせ。

トムネコゴの2月は以下の通りとなります。

休日は毎週火曜日と13日の第2水曜日。

そして営業時間が、
金曜日以外の平日が18時頃閉店となります。
残りは変わらず、金曜は12時ー21時、土・日・祝日は9時ー21時で営業します。

ご不便おかけしますが、どうぞ、宜しくお願いします。
店主
posted by トムネコゴ at 08:13| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

お知らせ

連日のことで申し訳ないですが、
本日2月3日は18時で閉めさせて頂きます。

すみません

どうぞ宜しくお願いします。
店主
posted by トムネコゴ at 13:53| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする